高次脳機能障害 就労日誌

未成年で高次脳機能障害を受傷後、リハビリ、職業訓練を経て障害者枠で正社員就労中(現在23歳 女性 ※精神障害3級)

逃げ出したい

今日から気温がめっきり涼しくなって、秋らしい朝になってきました。

もう長袖をまくることもないでしょう。

今日は施工CADの研修の2日目でした。

担当の人が女性なのですが、名物級な声の大きさ、

短い刈り上げの髪の毛、開けっぴろげな兄貴肌な方で、

やっぱり怒ると怖そうな感じです。朝から引き締まった雰囲気でした。

今まで触っていたのは設計モードだったのですが、

今度は施工モードで、より施工に必要な具体的な絵になるわけです。

しかし、とにかく説明が早い。

質問しないとどんどこ遅れます。質問してても遅れるし。

しんどい。わからないことをそのままにして帰るなよーと言われましたが、

残って説明を聞いて、わかるようにメモをしてても、

やっぱりスピード上がりません。

 

このタイミングで前職の同僚から土曜日に計画してくれていた飲み会の連絡がきました。

確実に泣き言を言ってしまいそうです。

 

正直言ってしんどい。しんどいです。

なにも考えたくありません。成功体験が詰めないまま毎日過ぎていくのは辛過ぎます。

人より劣っているのを感じながら毎日過ごすのはつらいです。

かと言って、部屋にこもりきりの人生が良いとは思いません。

社会で立派に役目を果たし、責任を楽しみたいと思っています。

でもいまはダメです。潰れそう。とにかく今は…とにかく…毎日会社に行くことだけを考えます。