高次脳機能障害 就労日誌

17歳で自殺未遂、高次脳機能障害に。リハビリ、職業訓練を経て障害者枠で正社員就労中 ASD積極奇異。精神2級。

本を読む

最近、少しずつではありますが、

意識して友人を増やそうとしたり、

また絵を描いたり、本を読んだり、

ゲームをしたりできるようになりました。

 

ツイッターのフォロワーのフォロワーを辿ると

思いがけず趣味や共通点のない友人もできて

割と面白く、自分に変化が起きている気がしました。

結論はともかくとして、とりあえずやってみる、

トライアンドエラーができる状況を

取り戻しつつあるのかもしれません。

今年の一歩前進は、前の職場でのハラスメントに対して、

きちんと抗議し、辞めた後も、迅速に転職が行えたことです。

きっと以前の自分ならすぐに腐ってました。

それはきっと、自分が多少"開かれた"

人間になりつつあるということかもしれません。

また、やはり私生活が安定したため、

腰を据えて一つの物事に臨む姿勢がつきました。

やりたいことが増えて、いざやってみても、

続かないことなんてざらにあると思うのですが、

平日の仕事内容などを描いた日記は

かなり役立つので、すっかり習慣になりました。

休暇中は、出かけるか本を読むか、絵を描くか、友達と会うか…

色々と選択肢があるって、とても幸せですね。

仕事をしているから、休みの日に休んだ気分になれます。

仕事をしていないと、毎日辛いです。

誰にも必要とされず、誰にも感謝されず、

誰とも話さず、少しも表情を変えない生活は

とてもじゃないが、生きていけません。

お給料は許しであり、役に立っている証であるので、

溜まっていく通帳の額面を見ると落ち着きます。

 

最近、子供の心理についての本をよく読みます。

人の真似して、読書メーターもまたつけるようにしました。

本をきちんと読まない時期が長いと、

文字を目で追って、その内容がスルッと

頭に入っていくまでに少し時間を要しますし、

運動して焦りを取りたいので不安ですが、

シートン動物記や椋鳩十ばかり読んでいた幼少期が懐かしいです。

 

障害者手帳を更新したら、等級が上がってました。

明日も頑張りましょう。