高次脳機能障害 就労日誌

17歳で自殺未遂、高次脳機能障害に。リハビリ、職業訓練を経て障害者枠で正社員就労中 ASD積極奇異。精神2級。

子供を生きる

20歳なりたての人は、まだ顔も幼く、

背丈や身格好ばかり、大人のようです。

でも、人を待つ時の仕草、謝り方、

落ち込んでいる人への対応、怒り方、

きちんと場数をこなしてくれば、中身もそれに伴っていきます。

物事に責任持って取り組み、投げ出さない持久力、

必要な時には適切に援助を求められる判断力や、

失敗した後のリカバリ能力、対応を間違えないための洞察力、

ピンチもチャンスに変える機転の良さ、

成功するための貪欲な根回しを行う計画力。

どれもこれも、いくら本を読もうが、人に教えを受けようが、

一朝一夕に手に入るものではないゆえに、

実際の経験のみが肉になるというわけです。

これらをきちんと兼ね揃えた大人は、

それは素晴らしい誇れる人生を歩んでいけるのでしょうが、

現実そうはいかないのとの方が圧倒的多数です。

 

なんらかの問題から、適切な程度のトライアンドエラー

繰り返さずに育った子供は、物事に対して

極端な見方ばかりするようになります。

物事の結果にばかり目がいくようになり、

経緯をよく調べずに判じてしまう。

頭でっかちになり、事前の情報を鵜呑みにして、やる前に諦めてしまう。

成果主義にこだわりすぎると、人生の本質に目が行きにくくなり、

明確な理由がないと、食べ物を食べることはおろか、

存在することすら許されていないと思い込んでしまいます。

こういったことから、認知の歪みが起こっていきます。

 

幼児の行動を考えると、彼らの行動は極めてエゴイスティックで、

時には大人も顔をしかめるような、

悪意の原石が垣間見えることがあります。

彼らに悪という概念がまだなくとも、

大人の反応はそれを悪だと判じます。

彼らがやってはいけないことをしでかした時、

間違っても、感情的になって人格を否定してはいけません。

言葉よりも、行動や表情で、人の怒り度合いはよくわかります。

これを誤ると、行動に誤りがあったと分からず、

自分自身が悪であると身に染み付いていきます。

親に迷惑をかける自分から、社会のお荷物へ

ただスライドだけなのだ、と自己卑下し続けないと、正常を保てません。

親元から離れても、内なる親的規範によって裁かれ続け、

息苦しい毎日を送らなくてはなりません。

 

こうして大人になると、誰かの思い通りになることで、

自分を一定の位置に保とうとするあまり、

自然と支配的な人間を引き寄せるようになります。

よく言う不幸体質というのも、この類と考えています。

そうなれば、直すのは大変です。

生きるために殺し続けた自分の意思、欲求を掘り出し、満たしてやらなければ、

一向に心の空虚さは埋まりません。

みんなが楽しいというゲームをしても、

自分の視点で楽しめないため、不思議と傍観者の立場のまま、

妙に冷静に考えて「今自分は楽しいはずだ」と

納得したつもりになるも、その実楽しくはないので、

狐につままれたような、人生の当事者観が

欠如したまま生きねばなりません。

 

妙に周りと折り合いをつけすぎると、

どんどん本来の自分から乖離した自己像が勝手に作られ、

そのうち自分でもつかめなくなるので、

白い靄に包まれたような不安感に襲われるのです。

 

必要なのは、欲求を素直に認めることです。

一般的に浅ましいとされる感情でさえ、

認めてあげなければなりません。

それをわかっているかわかっていないかでは

自己コントロールの精度はぐんと上がります。

 

大人はコーティング材に過ぎず、コーティングを剥げば

そこにいるのは指をくわえた子供です。

社会的な生活をするための鎧を脱ぎ、子供になる時間も、

真に大人であるためには必要なのだと思います。

うちなる子供を時にしかり、時に甘やかし、

でも必ず、一番の味方でいてやりたいものです。