高次脳機能障害 就労日誌

17歳で自殺未遂、高次脳機能障害に。リハビリ、職業訓練を経て障害者枠で正社員就労中 ASD積極奇異。精神2級。

誕生日を祝ってもらえた

今月7日に、無事24歳を迎えました。

旧知の友人何人かに、プレゼントを贈ってもらいました。

会社の友人には、ランチをご馳走してもらい、

かわいくラッピングされた入浴剤セットをいただきました。

義母と夫と一緒に、ホテルのビュッフェに行って満腹です。

父や、母、姉にもおめでとうのメールをもらいました。

これって、思い描いていた日常みたいだなーと思います。

なんとなく、自分を取り巻く周辺状況が、

落ち着きを取り戻してきたのかなと感じます。

 

17歳の自殺未遂の前は、随分セオリーから外れていましたが、

ついにここまで持ち直したんだ、と思うとホッとします。

少しずつですが、いろんなことに興味が向き始めて、

社交に使うエネルギーなども、充填されつつあるのかもしれません。

 

過量服薬は、見捨てられ不安が爆発して、

自暴自棄になっていたのもありますが、

自分が世界にとって、不要どころか、排除する対象、

害のある人間であるという考えに囚われて行いました。

私は、一度固執しだすと、人の話を聞かずに、

病的に頑固なところがあるのですが、

自分に対して不利になる情報ばかりを掻き集めて、

自殺するための根拠や理由を勝手に作ってしまったのです。

 

今、生まれた日であるというだけで、

こうも良い接遇を受けられるということは、

私の日頃の行いが良かったということにします。

私は、自分の力だけではないにせよ、自立のために頑張りました。

そしてその成果を手に入れ、今後も成長しようとしています。

それはとてもすごいことで、誰も貶さないと思います。

だから、私はどんと構えていれば、問題ありません。

できる範囲で人の気持ちと自分の気持ちを擦り合わせて、

自分のスペースで自分の幸せを育てていきたいです。